統合型建物ライフサイクルマネジメントシステム「e-LCMS」 システム構成

SMS・保全計画支援システム~中長期保全計画の策定に

建物の基本情報・部材データを元に交換周期・保全周期&費用をシミュレーション。きめ細やかな施設の中長期保全計画の策定を支援します。

施設・建物の保全計画を支援するのが「SMS」保全計画支援システム
入力データを元に、ボタン一つで総合的に建物の保全計画を策定することが可能です。
バックデータとして、建築保全センターやBELCA、日建設計、ユーザー独自データも使用可能!

機能詳細

機能

保全計画/LCC/分析

特徴

・過去の修繕履歴を基に将来の保全費を自動予測します。

・画面上で修繕時期や保全費をきめ細かく調整できます。
保全工事の優先度の判定を支援します。

・バックデータには建築保全センター、BELCA、
日建設計、ユーザー独自のデータを使用できます。

将来の保全費ピーク把握と平準化!

施設間でバランスのとれた保全予算の配分に

建物のライフサイクルコストがひと目でわかる! ボタン一つで分析グラフを描画!

光熱水費、点検・保守・清掃費等の運用維持管理費用、修繕・更新費用、解体処分費や税金・保険
費用まで、多施設を比較しながら、建物のライフサイクルコストを検討できます。

ページトップへ