こんなお悩みはありませんか?

  • システムへの設備・部材の登録に時間が掛かり過ぎ、なかなか運用を始められない…
  • 必要な機能ごとに、複数のシステムをまたがって使用している…
  • オンラインで資料を管理したいが、セキュリティが心配…

ビルラック

とは?

ビルラックとは、人々の生活を支える「建物」を守るシステムで、施設・建物管理に必要な機能の全てを統合した「施設管理特化型」システムです。点検結果、工事履歴等の全てのデータが緊密に連動し、最終的に最適な長期修繕計画を自動で作成可能です。更にはAIによる故障予知機能の実装プロジェクトが進行中です。

ビルラックの特徴

01

資産価値の向上

資産価値の向上 修繕・更新履歴データを適切に管理することで、資産価値・経済耐用年数を向上させます。

02

長寿命化への貢献

長寿命化への貢献 適切な点検、設備の更新・修繕時期が把握でき、発生事故を最小限に留めることにより施設の長寿命化に貢献します。

03

管理業務の効率化

管理業務の効率化 日常業務から修繕計画、まですべてが一元的に連動することで登録の二度手間がなくなり、効率化が図れます。

04

導入障壁の低さ

導入障壁の低さ 国土交通省のデータに基づき、建物用途・建設費・延床面積などから設備・部材を自動で生成することができます。

ビルラック

が選ばれる

5

つの理由

01

管理業務・作業の進捗を
ひと目で把握

「まずカレンダーを開いて、今日の作業内容を確認して、進捗状況は…」
ビルラックでは、これまで大変だった作業量のバランス確認が“ひと目”でできるため、スケジューリング調整も簡単。

作業の進捗状況まで容易に確認できます。

02

ペーパーレス
管理資料にどこでもアクセス

「建物ごとの契約書、図面等を探すのが大変なんですよね…」
お任せ下さい。ビルラックでは、ツリー型表示の組織図(組織・施設・建物 等)の配下に、文書フォルダを自由に作成可能で、さらにそのフォルダ配下にも階層的にフォルダを作成・管理することが可能です。

文書は階層型で整理さている上に、タブレットからでもアクセス可能で作業の場所を選ばず、どこでも容易に管理資料を閲覧できます。

03

1棟から複数棟まで
所有・所属ごとに容易に管理

「建物や関連書類を部署・組織ごとに整理するのはとても面倒…」
この様な声にお答えし、ビルラックでは組織の配下に施設、建物を複数配置するなど、営業所・部署・地域などの管理形態に合わせてツリーを自由に構成できます。また、一度構成した後でも各項目を簡単に移動させることができ、組織変更などによる管理建物の移動・変更も容易です。

04

スケジュールに資料を添付
業務の準備・管理の時間を圧縮

「進捗スケジュールと資料を一度で楽に確認したい…」
ビルラックでは、スケジュールに各種ファイルを添付することが可能です。例えば各種点検時、必要な点検シートやマニュアル類をスケジュールに添付すれば、運用カレンダー内に表示され、今日の作業カードよりダウンロードができるので、作業前に必要資料を探す面倒はありません。

更にタブレットで点検を行う場合には、点検現場でのファイル操作や、過去の記録を現場ですぐに参照することができ、圧倒的な作業効率化を実現します。

05

高額な中長期修繕計画が
ワンクリックで作成可能に

「中長期修繕計画を専門家に委託すると、高額な費用が掛かる…」
ビルラックなら、システムに入力済の修繕・更新周期に基づいて、修繕計画をワンクリックで作成可能です。修繕計画は計4パターンまで作成できるので、例えば周期を変えた計画を複数作成すれば、その費用対効果を比較・検討する等、これまで費用面で実現出来なかった検討が可能です。

ビルラックは物件管理の質の向上に寄与し、競合他社に対する管理優位性をもたらします。

ビルラック

ご利用シーン

高度成長期に建設された施設・建物が30年以上たち、老朽化が大きな課題になっています。
長寿命化をはかる為には、適切な修繕・更新を行うことが必要です。

こんな企業さまに最適

ビルオーナーさま

  • 管理会社、現場によって報告書式が違う。

帳票を統一することができ、総合管理が可能となります。

  • 大切に管理してきた建物。今の資産価値を計りたいけど、全ての点検履歴をまとめる時間が取れない。

システム上で管理することで、いつでも・どこでもデータにアクセスできる環境が手に入ります。

  • 施設管理の予算管理を行い、突発的な故障による予期せぬ出費を抑えたい。

中長期修繕計画をシステム内でワンクリックで作成可能だから、一級建築士への依頼が不要に。つまり、その費用(約100万円程度)もビルラックでは不要となります。

  • 入居者の入替わりサイクルの「短い物件」と「長い物件」に期間のばらつきがある為に、契約ごとのサポート状況や提供サービスの履歴管理が難しい。

物件ごとのクレーム受付状況、点検等履歴の管理も容易なシステムで、提供サービスの可視化が可能となります。

  • ビルによって異なるエネルギー使用量、このばらつきを改善できないか。

複数棟一括管理機能を使えば、管理ビル間の各種データ比較がひと目で可能です。これにより、設備投資の時期・規模の検討が容易になります。

ビルオーナーさま

管理会社さま

  • メンテナンス会社から提出された各種データはオーナーへの提出が必要。提出に要するデータ加工が面倒で、ここに1ヶ月程度の期間を要してしまっている。

ビルラックなら、システム内のデータをExcel形式で引き出してそのまま編集できるから、作業時間は半分以下に。早い対応はオーナー様からの信頼に直結し、御社の競争優位性に。

  • 忙しい日と、そうでない日の調整が難しい。低い業務効率を「仕組み」で改善したい。

各種資料添付も可能なビルラックの多機能カレンダー作成機能により、各スタッフごとの業務管理が容易に。一人当たりの業務効率の飛躍的な向上を目指せます。

  • 新しい管理案件を獲得する都度、設備・部材の案件ごとの新規登録に時間がかかりすぎる。

ビルラックなら、簡単な情報を入力するだけで、システムが大まかな設備・部材データを想定・提案します。つまり「一般事例と異なる特殊な設備等だけ」を入力すれば良く、圧倒的な業務時間の短縮が実現します。

  • 管理者を常駐させていない建物からの急なクレーム連絡。すぐに対応したいが、各種資料確認のためには一度事務所に戻る必要があり、大きなタイムロスに…。

ビルラックなら、必要な資料はWebブラウザでどこでも閲覧可能です。セキュリティ面も安心です。PCだけでなく、出先でのタブレットからのデータ確認も可能で、顧客への素早いレスポンス可能な環境は、御社への満足度を飛躍的に高めます。

  • 物件の管理・運用が現場担当者に依存してしまっている。もし担当者が変わることになったら、情報共有にどれだけの時間を要するのだろう…。

これまで担当者ごとの管理・運用となっていた現場情報も、ビルラックなら全社的にシステム運用が可能です。これにより現場担当者に依存した運用体制からの脱却と、より柔軟な人員配置・業務配分が可能となり、更なるコストカット等、御社に多数のメリットをもたらします。

管理会社さま

メンテナンス会社さま

  • 都度の点検帳票の印刷が手間だし、紙の無駄遣いになっている。

カレンダー内で、予定毎に各種帳票を添付し、更にExcelで添付帳票に直接入力ができます。更にビルラックならファイルのバージョン管理や重複入力・複数回の印刷の手間も不要です。

  • 点検帳票と日報、異なる帳票(ファイル)だから、仕方なく同じ内容をそれぞれに別途入力している…。

ビルラックの点検帳票に入力した内容は、システムで判別され、例えば日報などの「同様の入力項目を持つ別の帳票(ファイル)」にも、入力内容を自動で反映させることが可能です。これによりスタッフが業務報告に要する時間は従来の50%削減可能で、その上「複数入力による入力ミス」「相互比較によるチェック時間」の削減・にも寄与します。

  • マニュアル・カメラ・点検機材…運搬荷物が多く、持ち物の確認にも時間を要する。

今はデジタル機器のカメラ性能が飛躍的に向上しており、スマートフォンやタブレットでも十分な写真が撮影可能です。ビルラックなら、タブレット内臓のカメラで撮影したデータをそのまま活用できるので、カメラなどの撮影専用機材を持ち運ぶ必要はありません。紙媒体もタブレット管理することで、最低限の紙資料のみ持ち運べば、運搬機材・荷物を減らしつつ、むしろこれまで以上に豊富な資料の運搬が可能となります。

  • 毎回書類を捜すのにとても時間がかかる。

物件ごと、案件ごと、作業ごと、それぞれのタイミングで必要となる書類は異なります。ビルラックの直感操作できるファイル管理機能なら、紙資料を探す1/10の時間でデータを見つけられるだけでなく、予めスケジュールに書類ファイルを添付することで、カレンダーからワンクリックで各種書類を閲覧することが可能です。

メンテナンス会社さま

ビルラック

が施設管理を全力サポート

システム運用が軌道に乗るまで、そしてその後も私たちが伴走します。ビルラックは現場担当者・管理者・オーナー全員が使いやすい施設管理システムで、全ての施設管理情報を連動・分析し、適切な保全を全力でサポートします。

電話サポート

今すぐに悩みを解決したい方に。専門スタッフが対応致します。 (平日9:30~17:00)

オンラインサポート

まとめて聞く時間がない!という忙しい方のために、24時間受付のメール問合せで対応します。

ビルラック

3

つのお約束

ビルラックの導入にあたって、やはり気になるのが「導入後のサポート体制」ではないでしょうか。
ご安心ください。アカウント数やシステム無料更新に至るまで、長く安心してお使いいただける体制を揃えています。

ユーザー数無制限

システム更新無料
法改正にも自動で対応

安価な価格設定で
常に中小企業の味方